2019-02-19

白髪を明るく染める方法

今まで オシャレ染めというもので

染めていた方も 少しずつ 白髪が出て

白髪染めを使うか迷う時期になっています。

今まで オシャレ染めで染めて

いろんな色を楽しんできたので

白髪染めには少し抵抗がある方もいますが

 

白髪染めのイメージには

・白髪染めは明るく染められない。

・白髪染めで色を楽しめない。

 

そんなイメージもあると思いますが

白髪染めでも明るく見せることもできるし

色を変えて 気分も変えれます。

 

また 「白髪染め」という言葉に

抵抗がある方でも 気にせずに

白髪染めを使えるように提案しています。

 

 

明るい白髪染め

どのカラー剤にも 明るくする薬剤と色味で

カラー剤は出来ているのですが

白髪染めは そこに 茶色も入っています。

 

明るい白髪染めもあるのですが

白髪染めは 明るくすればするほど

茶色の色味が減っていくので

白髪の染まりは薄くなります。

 

以前までの 白髪染めとは違っていて

今は 新しい白髪染めも出てきて

明るい白髪染めも増えてきて

以前よりも 明るく白髪染めが出来ます。

 

それでも 白髪の量・髪質によって

明るく白髪染めできる限度は変わり

 

染まりやすい 明るくなりやすい髪なら

気にせずに 明るくなるのですが

 

太く 硬い髪質の方は

明るくなりにくく 色も入りにくいので

明るい白髪染めでは 薄くなってしまうので

少し 濃い白髪染めを混ぜたりもします。

 

明るく染めることで

白髪とのコントラストも薄くなり

目立ちにくくもなります。

 

白髪染めとオシャレ染め

白髪染めと オシャレ染めの薬を混ぜて

色味を足してあげることもできたり

 

今まで染めてきた 毛先の白髪染めが

まだ 染まっている方は

 

根元には 白髪染めを使って

根元以外は オシャレ染めで染めて

いろんな色を楽しむ事もできます。

 

明るさ 色によっては

根元から 毛先に向かっては

グラデーションっぽくなり

毛先に向かって 自然に明るくなっていきます。

 

そうすることで いろんな色が楽しめ

明るい白髪染めだけよりも

透明感のある髪色になります。

 

白髪染めとハイライト

明るい白髪染めを使った場合に

白髪の部分の染まりが 薄く染まり

白髪を馴染ませる時があるのですが

 

そんな時には ハイライトを入れて

薄く染まった白髪とハイライトで

薄く染まった白髪を馴染ませる。

 

ハイライトを入れることで

全体も より明るく見えるし

髪の動きも 出たように見えます。

 

また 白髪の量が多いなど

どうしても 明るい白髪染めを使いにくい時にも

ハイライトはオススメで

 

ナチュラルな明るさに

ハイライトを入れることで

根元は しっかりと染まっているが

全体は明るい感じになります。

 

 

その方に合った方法でのカラー

いろいろと方法ありますので

気軽にご相談ください。

 




関連記事