2019-10-27

グレイヘアは難しい

2018年の流行語にも入った 「グレイヘア」なのですが・・・

近藤サトさんがしていて 話題になりネットなんかでは

オシャレな有名人 著名人がしていると

特集を組んでいることもありますが

実際に 街中で見ることあります??

来ていただいているお客様では

男性のお客様なら 染めていなくて

髪の毛も多く 白髪も多いので

かっこよく グレイヘアになっていますが

なかなか 女性のお客様ではいないです。

「ゆくゆくは グレイヘアにしていきたい。」

という言葉は聞くことはあるのですが

いざしようとなると やっぱり ハードルが高いです。

グレイヘア

グレイヘアというのは

僕が 思っていたグレイヘアというのは

白髪 黒髪が混ざった髪の色が グレイに近いから

グレイヘアと呼ばれている。

と 思っていたのですが 本当は違って

グレイヘアというのは

「白髪染めをやめて 黒髪と白髪が混ざり合っている 自然な状態。」

だったみたいなのですが・・・

世間一般には 灰色を想像していると思うので

グレイヘアというのは 髪色が 灰色に見える

というの前提で 書いていきます。

グレイヘアは難しい

グレイヘアというのも

皆がしたいからと言って できるかというと

難しいものがあるかと思います。

難しい理由としては

グレイスケールというものですが

左から 10% 30% 50% 80%

と白髪の量が変わっていっているのですが

グレイヘアにしたい場合でいったら

白髪の量が とても大事で

白髪が少なすぎては ただ 染めていない。

そんな感じのイメージになってしまいます。

50%が白髪になるのも なかなか大変なのですが

それでも 50%でも グレイヘアには遠く

80%近くになって グレイヘアと呼べる

そんな色に見えるかと思います。

最低でも 70%近くの白髪率が欲しいです。

しかも 部分的に 顔周り 分け目とかでなく

全体としての70%になるので

さらに ハードルが高いかと思います。

白髪が多いと悩んでいる方でも

部分的に多いことはあっても

全体としたら 30%いかないことが ほとんどです。

白髪の量 白髪の生える場所によっては

グレイヘアにする条件が厳しいかと思います。




関連記事

コメント1件