2018-06-13

カラー剤

お店で 扱っているカラー剤は

アルカリカラー剤 ヘナカラー剤 ヘアマニキュア

主に この3つを使っています。

 

お客様が どうしたいかで

使い分けてはいるのですが

やっぱり 一番多いのは アルカリカラー剤。




何が違うのか?

根本的に 何が違うのかと言うと

明るくなるか?

明るくならないか?

 

明るくなるのは アルカリカラー剤。

明るくならないのが ヘナカラー剤 ヘアマニキュアです。

 

アルカリカラーが 明るい色から暗い色まで

いろんな色にすることができるので

需要が多いです。

 

白髪染めも

よく言われている 白髪染めというのも

このアルカリカラー剤だったりします。

 

基本的な仕組みと言うのは

オシャレ染めも 白髪染めも

ほとんど 同じです。

 

1剤 2剤を混ぜて 塗って

時間を置いたら 染まる。

 

どうしても 違ってくるのが

白髪を染めるために

白髪染めには 茶色が入っていて

明るい色にはしにくいのですが・・・

 

今は 明るい色にもできる

白髪染めも増えてきていますし

グラデーションっぽく染めて

明るく見せることもできるようになって

 

前よりは 明るい仕上がりになってますよ。

 

そのお客様によって

求めている染まり具合も違いますが

いろんなことに 対応できるようになってます。

 

一人一人に合わせて 提案さしてもらってます。



関連記事