2018-11-08

ヘナカラー ハーブカラー

店で 取り扱っているカラー剤で

ヘナカラー ハーブカラーがあります。

 

ヘナカラー ハーブカラーのイメージは

「肌 髪に優しい」というのが

あるかと思います。

 

本当 イメージ通りに優しいです。

 

アルカリカラー剤などで

頭皮が痛くなったり かぶれたり

問題が起きやすい方に使ってます。

 



目次

アルカリカラー剤と違い

簡単に 分かりやすく言うと

明るくなりません。

 

明るくする成分が 入ってなく

染めるだけなので 明るくなりません。

 

明るく 染めたい方には

どうしても 向かないので オススメしてなく

 

オススメしている方 実際に染められている方は

明るくする予定がない方で

暗くてもいい方だけにしか 使ってないです。

 

基本的には 白髪が100%でない限り

自毛の髪の色に合わせていくので

どうしても 暗い色になります。

 

が 元々の髪の色に合わせるので

違和感などはないです。

 

100%ではない

ヘナは ヘナ100%のものもあり

お店で 取り扱うこともできるのですが

 

今 お店で取り扱っているものは

残念ながら 100%でなく

染まりやすいように 作られている

美容室用のものになります。

 

どうしても 100%だと

染まるのに時間がかかってしまうので

お客様に 座り続けてもらうのも

お尻痛くなったりと 申し訳ないです。

 

やっぱり染まりやすくなっている分

時間もかからずに

安心して 染まってくれます。

 

以前 お客様から聞いたことがあるのは

お店で ヘナカラーを塗って

帽子を被って 帰っていただいて

時間が来たら 家でシャンプーしてもらう。

 

「それも ありかな?」

と思ったこともありますが・・・

 

美容室で ずっと座っているよりは

家に帰ると 家の用事もできるし

方法としては いいですよね。

 

やっぱり 染まっているのを

自分で確認したいと思い それはしてないです。

 

一応 2種類

100%のヘナではないのですが

一応 お店には 2種類のメーカーを

置いて 使っています。

 

何が違うのかというと

単純に 薬の強さが違います。

 

薬の強い方が よく染まる

薬の弱い方が 肌に優しい

 

本当 わかりやすい そのままですが

お客様の状態に合わせて

使い分けさしてもらっています。

 

気になる方は

相談だけでもしてみてください。

 

 




関連記事