2018-11-10

白髪の原因 遺伝&年齢

どうしても 見つけたりしたら

少し ブルーになってしまう白髪。

 

僕自身も 先日 初めて見つけて

その時は やっぱり ブルーになりましたが

 

僕個人としてのイメージでは

白髪が 早くから 生えている男性の方が

髪の毛が薄くなっていないイメージなので

 

白髪が生えてくることよりも

薄くなっていく方が大問題なんので

少し 喜んでしまいました。

 

今のところ 左右に 1本ずつで

大切に そのまま 残しています。

 



白髪になる原因は

いろいろと あると思いますが

大きな原因と言われているのが

 

 

遺伝

「親に白髪が多いと 子も白髪が多い」

と 言われることが多くて

白髪は 遺伝性が高いと言われてます。

 

医学的には 完全に 証明されていないけども

体内の「色素」に関しては遺伝すると言われていて

 

親の肌の色が白かったり

黒かったりとする場合に

子供にも遺伝するために

 

髪の毛の色素も 遺伝するので

メラニン色素が作られにくかったりと

遺伝するのでは?とは 言われてます。

 

実際に お客様の中でも

親子とも 白髪が多い方がいたりと

証明はされていなくても

納得させられる所はあります。

 

年齢

元々 髪の毛は 白色なのですが

出てくる時に 色がついて

表面に出てくるのですが

 

色を作る細胞は メラノサイトという細胞ですが

そのメラノサイトが 老化によって

メラニン色素を作ってくれてなくなり

 

色をつけないままになって

白髪のままで 表面に出てくるので

白髪になってしまうのです。

 

個人差が大きくあるものの

白髪発生の平均年齢は30代中頃と言われていて

40歳で80% 50歳で90%以上の人が

少なくとも1本以上白髪が生えているそうです。

 

1本でも どうしても気になるので

白髪がなかったら 嬉しいのですが

なかなか 上手い事もいかないです。




関連記事