赤色?緑色?

本当に 恥ずかしい話。

今までは マニキュアは

塗ったら その色になると・・・・・・

勝手に 思っていました。

 

基本的には

塗ったら その色になるのですが

 

メーカーによって

同じダークブラウンでも

赤色系のダークブラウンなのか?

緑色系のダークブラウンなのか?

 

それによって

全然 違うのですよね。

 

カラーリングという カテゴリーの中で

ヘアマニキュアは

どんどん 減ってはきているのですが

 

実際 Pliliaでも

アルカリカラーが 約9割

ヘナ マニキュアが 約1割ぐらいです。

 

ここ半年間

マニキュアの色の付き方が

もう少し 付いても・・・・・・

と思うことがあり

 

塗布量を多くしてみたり

暖める時間を増やしたり

乾かしてから 塗ってみたりと

 

いろいろと試行錯誤しながら

試してみたりしていましたが

 

今度は ヘアマニキュアのメーカーを

変えてみようと思い

変えてみたら

 

今までは 赤色のベースの

メーカーだったのですが

 

今度の新しいメーカーは

緑色ベースに。

 

今まで 何色のベースのかは

あまり気にしていなくて

明るさ 染まり具合ばかり 気にしていましたが

 

アルカリカラー剤なら

ベースに ブラウンが入ってる?

など しつこく聞くのに

 

ヘアマニキュアになると

何色のベースかは 気にせず

そのまま 使っていました。

 

そして 一番

恥ずかしかったのは・・・・

 

なぜ 赤色と緑色ベースを

混ぜて使おうという発想に

至らなかったのか・・・・・

 

そもそも カラー剤なら

同じ色でも

混ぜたりしながら 調整するのに・・・・・

 

元の髪の色を考えて

ちょっと 色味足してみようとか

いろいろと 微調整するのに・・・・

 

 

なぜ ヘアマニキュアなら

その発想に 至らなかったのか?

 

 

本当に 不思議です。

 

 

結局は 赤色と緑色ベースを

混ぜた方が キレイに染まる。

 

本当に 頭固くなってます。

 

 

ちなみに

赤色と緑色は 補色なので

お互いに 打ち消します。

ので ご安心ください。