へアドネーション

へアドネーションというのを

知っていますか?

直訳すると 「髪の寄付」 だそうです。

髪の寄付を受け取ってくれるのは

Japan Hair Donation & Charity (JHDAC) という

日本で唯一の特定非営利活動法人が受け取ってくれます。

 

 

その活動は

100%寄付された髪の毛を使って

「フルオーダーメイドの医療用ウィッグ」を作って

頭髪の悩みを持つ18歳以下の子供に

無償でプレゼントする。

    (JHDAC公式サイトより)

 

 

 

今回は へアドネーションに向けて

3年かけて 伸ばしていた方が 

切るということで

3年間を振りかったのですが

この3年間は ほぼ前髪カットだけ。

 

量が多いというのも 量を減らすと 

短い毛ができるので 我慢してもらい

3年という時間は長いのですが

カットするのは 一瞬ですね。

 

想いに応えれるようにと

31cm以上になるようにと

(髪の寄付の条件が31cm以上なので)

一束ずつ 長さを測って

 

 

へアドネーション カット前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真でみてしてみたかった

この留め方。

一束ずつ切っていくのも

いつも以上に丁寧になります。

 

 

 

 

残った髪の毛で 髪型を決め

 

へアドネーション カット後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれだけ 長さがあっても

ショートになりますね。

 

 

 

ヘアドンネーション 髪の毛

 

 

 

 

 

 

 

これだけ 多くの毛束ができています。

量を減らすのを我慢してもらったので

毛先まで まだ 多く残っていて

本当に良かったです。

 

へアドネーション 封筒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを封筒に入れて

送ったら 任務完了です。

 

 

ヘアドネーションの条件が

長さ31cm以上というのが

少しハードルが高いですが

困っている人のため

使われるというのは

本当に 素晴らしいですね。