梳く。って難しくないですか?

 

「梳く。」というのは

今のスタイルでは

使うことが多いかと思いますが

 

量を減らして 軽くしたり

動きを出したかったりと

いろんな使い方はありますが・・・・・

 

 

膨らんでしまうからといって

毛量を減らして 

ボリュームを減らしたい場合に

 

根元から 梳くと

本当に後が大変です。

 

 

量を減らすというのは

そのままで 量が減るというわけでなく

 

なぜ 減るかというと

短い髪の毛を作るから

そこから 先がなくなって

減っているのです。

 

最近も 初めて来た方が

梳きすぎというのか・・・

 

毛の量が多く 膨らみやすいのですが

根元から 梳いていて

その毛が浮いて また 膨らむ。

 

膨らむから また 根元から梳く。

 

その繰り返しで 

根元だけ 重くなって

毛先がスカスカになって

どうしようもない時があります。

 

その時は 梳いていれば良くても

後から 大変ですし

とても 難しいことですが

 

同じ毛だけを 

梳いていけば 問題ないですが

 

そうではない場合は

梳いている範囲がどんどん広がってます。

 

どんどん 短い毛が増えています。

 

本当に 梳きバサミって 

量が減るのですが

短い毛を作ってますよ。

 

普通のハサミだと

根元から 大胆にいかないですが

梳きバサミだと 大胆に切るって

とても 不思議。

 

確かに 

パーセントの少ない梳きバサミだと

1度なら 大丈夫かもしれませんが

何度も 梳くと 結局は同じ。

だと 思うのですが・・・・・

 

量を梳きすぎずに

段の入れ方で 

軽く見せたりの選択もあったり

いろんなことは 考えれると思います。

 

本当に 

一度 梳くと取り返しがつかないので

 

その場だけを 

梳いて ごまかすのでなく

考えて 梳いていきたいですね。 

 

まだまだ 練習が必要です。