メラニン不足による白髪

白髪の原因のひとつは メラニン不足。

 

生まればかりのうぶ毛の髪の毛には色はついていませんが

全ての髪の毛は髪の毛が伸びる時に 色がついていきます。

 

その色をつけている絵の具みたいなのが メラニン。

 

メラニンが不足すると 色がつかずに

白髪になってしまいます。

 

メラニン不足になる原因は

 

1 メラニンを作る細胞のメラノサイトの低下

 

メラノサイトの働きが弱くなると

メラニンが作られなくなってしまいます。

 

メラノサイトは加齢とともに機能が低下し

数は減少します。

 

 

メラノサイトの働きを活発にする栄養素は

ビタミンB12 葉酸 銅 と言われています。

 

 

何に入っているかというと

ビタミンB12は 貝類に多く含まれていて

特に しじみ 赤貝 あさりに多く含まれてます。

 

葉酸は 野菜全般に入っていて

特に 枝豆 ほうれん草 ブロッコリーに多く含まれてます。

 

銅は レバー いか たこ かに

などに多く含まれています。 

 

 

 

2 メラニンの素になるチロシン不足

 

 

髪の毛に色をつけるメラニンは

皮膚にもともと存在する細胞ではなくて

食物に含まれるチロシンという物質が

チロシナーゼ(銅イオンを含む分子)によって変化し

メラニンが作られます。

 

チロシンというのは あまり 聞いたことがないですが

アミノ酸の1つで 体内で合成が可能なアミノ酸です。

 

チロシンが 多く含まれているのは

チーズ 大豆に多く含まれてます。

 

 

 

 

染めて白髪をなくすことは簡単なのですが

食べ物によって

内面から 白髪を減らしていくことも

大事ですね。

 

白髪に良いとされている食べ物で

オススメメニューあれば

教えてください。