過酸化水素による白髪

過酸化水素は

美容室の中では けっこう使われている成分で

カラーをする時の2剤であったり

パーマの2剤であったりと

過酸化水素は使われています。

よく使われているのですが

毛包における過酸化水素の蓄積が

メラニン色素を破壊し

白髪の原因になるという研究結果で出ていて

現在では白髪の主要な原因の1つになっています。

 

それでも 美容室内では

カラー パーマするのには欠かせないものです。

 

すごい危険なものかと思われますが

身近なものでは

台所や洗濯における漂白剤

消毒になどに使われる消毒液などに

使われていることが多いです。

 

 

そして 驚くことに

実は体内でも「活性酸素」として過酸化水素は日々作られています。

 

 

この白髪の原因となる過酸化水素は

人間がもともと持つ酵素

「カタラーゼ」や「グルタチオンペルオキシダーゼ」

によって日々分解されています。

 

そのため この酵素を十分に持つ若い人は

何もしなくても過酸化水素が分解されるため 白髪にはなりません。

 

年を取るにつれて 過酸化水素の分解に必要な酵素

「カタラーゼ」「グルタチオンペルオキシダーゼ」が少なくなってしまいます。

 

その結果 発生した過酸化水素を十分に分解できず

毛包に過酸化水素が蓄積していき

白髪になってしまいます。

 

過酸化水素を分解してくれるのは

「カタラーゼ」「グルタチオンペルオキシダーゼ」

「白金ナノコロイド」「ビタミンC」によって分解されます。

 

その中でも 「カタラーゼ」が

一番 分解力が強いそうです。

 

今 カタラーゼが入っている商品を

後処理剤として使っています。

 

残留してしまう 過酸化水素を

除去してくれるので 嬉しいです。

 

また その後処理剤については

また 後日。

 

 

 

どうでも 良いのですが

聞いたことのある オキシドールは 本当にそのまま

過酸化水素の日本薬局方名だそうです。

オキシドールで脱色するというのも

したことはないですが ありましたね。

オキシドールが 色素を壊してくれるので

髪が脱色できるのですが・・・・

オススメはできません。

 

過酸化水素による白髪」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: カタラーゼ

コメントは受け付けていません。