言葉?言い方?

 

言葉って難しいです。

言葉というよりも 言い方なのですが・・・

 

つい 先日も お客様から

「オーガニックカラーはどうなの?」

ということを聞かれましたが

 

よくよく 聞いてみると

「オーガニック」という言葉に

「髪に良い 頭皮に良い」

というイメージがあるみたいですが

 

確かに オーガニックという言葉には

「何か良さそう」というイメージあります。

 

でも カラー剤なので

普通のカラー剤と オーガニックカラー剤は

全く 同じとは言わないまでも

そんなに 変わりはない気がします。

 

 

 

香川では 以前

希少糖 流行ってましたが

よく見ていた希少糖

(あの赤いやつですが)

 

「太りにくいなら 良いかな。」

と 高いながらも

何度か 買っていましたが

 

お客様から

「あれは 15%だけ希少糖」

と言われた時は ショックでした。

 

そもそも 希少糖 100%なら

価格が高すぎるから

仕方がないのでしょうが。

 

それなら 「希少糖入り」と

書いてあればと思ったことがあります。

 

 

 

オーガニックカラーも同じで

100%オーガニック成分はなく

どうしても 化学の力 加わってます。

 

普通のカラー剤に

オーガニック成分を加えたら

オーガニックカラーって

すごい 不思議です。

 

メーカーよっては

「90%オーガニック成分でできています。」

というのも ありますが

10%は 化学の力です。

 

普通のカラー剤よりも

少し優しいというイメージで

良いかと思います。

 

暗くというのか

色を入れていくだけなら

100%でも可能なのではと思いますが

 

少しでも 明るくなったら 

明るくなる成分入っている分

少しは 何か入っています。

 

 

正しくは

「オーガニック成分入りカラー剤」

ですかね??

 

と 個人的には思います。

 

ちなみに お店には

オーガニックカラーあります。